脱毛サロンに行く前の自己処理方法

脱毛サロンに通おうと決めたのはいいけれど、施術日までの自己処理ってどうすればいいのかわからないですよね。通常脱毛サロンへ行く前には数々の注意をされることでしょう。脱毛する際には注意点がいくつもあるのです。

 

そこで施術前にした方がいい2つの事を紹介。

 

お店によってその注意点は違いますが、光脱毛やレーザー脱毛する場合は絶対にしなければいけないことと絶対にしてはいけないことがあります。脱毛サロンへ行く前の自己処理方法についてもご説明しますね。

 

自動照射という共通点

光脱毛とレーザー脱毛は自動照射という共通点があります。これは機械が黒い色素に反応して脱毛の照射をするのです。そして自動で脱毛していきます。

 

この機能から脱毛サロンに行く前にはしておかなければいけないのことがあるのです。それは「自己処理」であり、脱毛前には自己処理をしていかないと脱毛を行えません。

 

黒い部分に反応する脱毛の性質上、ムダ毛をダラダラ伸ばしているとムダ毛の根元に照射できないのです。それに火傷の危険もあって危ないです。必ず脱毛前にはシェーバーなどで処理しておいてください。

 

そうすることで毛穴の根元に集中して照射できるので、怪我をせずに脱毛を行うことができます。ムダ毛を剃っていなかった場合は脱毛ができなくなるので注意してくださいね。

自分で剃れる範囲のムダ毛は全て剃る

施術の二日前くらいに全身を剃っておくのがおすすめです。前日に剃って、剃り跡が赤くなってしまったりすると照射が出来ないという事で施術を断られてしまう場合があります。

 

また、自己処理をする際は電動の顔用シェーバーを使うと肌への刺激が少なく脱毛の効果が早く得られやすいそうです。全身となると時間はかかってしまいますが、効果が早く実感出来るなら頑張る価値はありますよね。

 

背中やOラインは自分で自己処理がしにくいので、サロンでスタッフさんにお願いするのがいいかと思います。ただし別途料金がかかる可能性があるので要確認が必要です。

 

V・Iラインは意外と自分でも剃れますから挑戦してみてもいいと思います。もし怖い場合は無理せずスタッフさんにお願いするのがいいですよ。ただ、毛の長さは1センチほどに切ってからサロンへ行きましょう。

 

伸ばしたままだとスタッフさんも剃る際に大変だと思います。Vラインは形を整えるだけという方は、整えたい形に自分で剃ってから行きます。

 

ただ、最終的に形を整えたいけれど、まずは全体的にムダ毛を薄くしたいという場合は初めの2、3回は全部剃って施術をしてもいいかもしれません。そうすると生えてくる本数が減ったりムダ毛が細くなったりして全体的に薄くなったように感じられます。

 

あくまで個人差があるので施術後の様子をみたり、スタッフさんと相談しながらお手入れしてみてくださいね。

注意してほしいこと

それからもう一つ、注意してほしいことがあります。この場合の自己処理では毛抜きを使わないことです。

 

毛抜きでムダ毛を処理してしまうと毛穴の奥から黒いムダ毛が取り除かれて、黒い部分に反応するはずの脱毛機が反応できません。

 

詳しくはこちら『毛は抜くべからず!

 

まとめ

 

ムダ毛が全くない状態では脱毛はできないのです。

 

脱毛に行く前には必ず「シェーバー」などのムダ毛の黒い部分が根元に残るような道具で自己処理しましょう。

自己処理のあとは保湿ケアを忘れずに

秋や冬は特に肌が乾燥しますよね。脱毛サロンでは肌が乾燥しすぎていると照射が出来ないということがあります。私はとても乾燥肌で、これ以上乾燥すれば部位によって施術できない可能性がありますと言われた事から、全身の保湿にはとても気を使っています。

 

オススメの保湿法は化粧水とボディクリームなどの2段階保湿です。ボディクリームだけでも効果がある方はそれでもいいかと思いますが、私のような超乾燥肌の人は安いものでいいので全身に化粧水を馴染ませてからボディクリームを塗ってみてください。

 

どちらか一方だけ使うよりもかなりしっとりしたお肌になりますよ。

 

以上2つを実践して、脱毛サロンでツルツルのお肌を手にいれちゃいましょう

簡単に予約できる? 効果は?脱毛の魅力や予約のコツを大公開中!
脱毛サロンの比較や予約する前に絶対に知っておきたい必見情報アリ。