光脱毛(フラッシュ脱毛)の特徴

ムダ毛の自己処理にもカミソリや毛抜き、脱毛クリームなどがあるようにサロンのも数多くの種類の脱毛方法があります。

 

ムダ毛の自己処理は簡単で安く除毛することができる反面、肌や毛穴にダメージを与えてしまいます。脱毛の種類によって効果や痛みも変わっていきます。

 

現在、サロンや総合エステでの脱毛で主流になっているのが、光脱毛(フラッシュ脱毛)です。光脱毛は特殊な光を脱毛部位に充てると、光が毛か毛穴の黒に反応して、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えます。

 

痛みはほとんどありませんが、黒色に反応するため、ほくろがある場所に光を当てることはできません。だんだん毛が薄くなっていき、肌へのダメージもありません。また、光脱毛にも二種類あります。SSC脱毛とIPL脱毛です。

 

SSC脱毛(スムース・スキン・コントロールメソッド)

SSC脱毛(スムース・スキン・コントロールメソッド)は、美肌効果もある脱毛方法です。美泊成分と抑毛成分のあるジェルを脱毛部位に塗ってから光を当てます。ミュゼが初めて取り入れました。

 

IPL脱毛(インテンス・パルス・ライト)は痛みもなく、照射範囲が広いので、全身脱毛の施術に向いています。銀座カラーが取り入れている脱毛方法です。

 

光脱毛は、比較的低価格で料金プランも豊富、施術時間は短く、施術の際の痛みが少ないのがメリットです。その反面、施術するエステシャンによって脱毛の効果にばらつきがでてしまったり、医療脱毛よりも効果が低かったりする点がデメリットです。

レーザー脱毛について

今美容外科で主流のものはレーザー脱毛でこれは皮膚表面にレーザーを当てて毛母細胞をこわしていく方法です。毛の黒い色素にレーザーの光が反応して熱が蓄積されて毛の育成に大事な役目を果たす根っこを焼いてしまいます。

 

レーザーは今までのニードル脱毛に比べ傷みがなく短時間で処理可能。瞬く間に人気になりました。主なメリットは痛みが少ない・施術時間が短い・医療機関がする安心感など。

 

傷みの感じ方は個人差があって、輪ゴムではじかれた程度ですが、レーザー脱毛は波長が毛の黒い毛に反応する性質を利用しており、色の薄い毛に効果が出にくいです。逆に黒く太い毛に適して脇や腕の太い毛に効果があります。

 

レーザーは日焼けのメラニンに反応して日焼度合いにより永久脱毛を受けられないケースも。

まとめ【フラッシュ脱毛のメリット】

フラッシュ脱毛はカメラのストロボのような光で毛母細胞や毛乳頭を破壊して行きます。レーザーみたいに光のエネルギーがメラニンに反応し毛根破壊する点は一緒ですがレーザーは医療機関でしか扱えず、このフラッシュ脱毛は脱毛サロンでされます。

 

サロンによっては光脱毛と呼ばれたりしてフラッシュ脱毛のメリットはレーザーと同じで痛みが少なく施術時間が短いということ。フラッシュのひかりは広範囲で1回の照射範囲がレーザーより広くて痛みが少ないです。

 

エステで受けられて美容毛化に行くより通いやすいといった意見があります。フラッシュ脱毛はメラニンに反応する原理は一緒でレーザーところで黒く太い毛に適します。

簡単に予約できる? 効果は?脱毛の魅力や予約のコツを大公開中!
脱毛サロンの比較や予約する前に絶対に知っておきたい必見情報アリ。